CURRICULUM

2日間を通じてしっかり学べる【ビジネスマナー2日間研修】

2日間を通じてしっかり学べる【ビジネスマナー2日間研修】

●オリエンテーション

1.ビジネスマナーの必要性【講義】
 (1)コミュニケーション能力
 (2)姿勢と態度

2.ビジネスマナーの基本①【講義、演習】
 (1)挨拶の基本
 (2)お辞儀の基本(会釈、普通礼、敬礼)
 (3)受付応対のマナー
 (4)案内のマナー

3.ビジネスマナーの基本①の続き
 (1)応接室のルール
 (2)接客応対のマナー
 (3)名刺交換のマナー

4.ビジネスマナーの基本②【講義、演習】
 (1)お見送りのマナー
 (2)訪問のマナー
 (3)電話応対のマナー
 (4)電話の受け方
 (5)電話のかけ方

●1日目の振り返り



《2日目》


●昨日の研修内容振り返り


1.ビジネスマナーの基本③【講義、演習】
 (1)職場のマナー/敬語の使い方
 (2)報告・連絡・相談
 (3)総合演習『こんなときどうする?』

2.ビジネス文書の基本【講義】
 (1)ビジネス文書の目的と種類
 (2)ビジネス文書の基本原則

3.文書の基本構成【講義、演習】
 (1)社内文書の基本構成
 (2)社外文書の基本構成
 (3)Eメールの基本

4.文章を書く【演習】
 (1)ケーススタディ『悪い事例』
 (2)ケーススタディ『クレームの報告』

【研修の特徴】

本研修の目的やカリキュラム全体の流れを説明します。

1.ビジネスマナーの必要性

どんなに優れたアイデアや技術でも、それが上司や先輩、顧客に上手く伝わらなければ何の意味もありません。組織は、人で構成されており、コミュニケーションによって運営されています。そのコミュニケーションは、人によって受け止め方も様々であるため、その基礎としてマナーの重要であることを理解します。

2.ビジネスマナーの基本①

グループに分かれて、各基本動作のロールプレイングを実施します。講師は、随時巡回指導を行います。メンバーは、相互にチェックを実施します。午前中の続きを行います。

3.ビジネスマナーの基本②

グループに分かれて、各基本動作のロールプレイングを実施します。講師は、随時巡回指導を行います。メンバーは、相互にチェックを実施します。


1日目のまとめと振り返りを行います。


《2日目》
●1日目の振り返りを行います。

4.ビジネスマナーの基本③

周囲と良好な人間関係を築くためには、敬意をもって相手に接する必要があり、その表現方法として敬語が存在することを理解します。またこれは、お客様に対しても同じく活用するものなので、この場で活用できるように演習を行います。また、職場でありがちな『報告』『連絡』『相談』をテーマとして、ケーススタディを活用しながらチームで検討し、回答を導き出します。

5.ビジネス文書の基本

ビジネス文書を書くにあたっての基本原則を確認します。なるべく‘簡潔かつ判りやすく“す る必要があることを解説します。

6.文書の基本構成

社内や、社外で作成する文書の基本的な構成を学習します。また、文書作成、Eメール作成やシチュエーションに関しても、理解を深めます。

7.文章を書く

ビジネス文書の基本を理解した後、実際に文章を作成していただきます。「悪い事例」;まとまりのない文章について、何が悪いのか、なぜ分かりにくいのかについて 討議した後、グループ単位で最適な文章を作成します。「クレームの報告」;ビジネスの場面で発生するようなケース(クレーム)を用い、上司へ報告する際の、報告書を作成します。


研修最後にまとめと質疑応答を行います。


【講師からのメッセージ】


「講師(当社専任コンサルタント)】