NEWS

No.007 プロジェクターとスピーカー

2019.01.27

No.007 プロジェクターとスピーカー

プロジェクターとスピーカーは研修を実施するクライアントが準備します。

 

スクリーンにパワーポイントのデータを投影しながら講義を進める場合、通常は会場を手配する(通常はクライアント)がプロジェクターを準備します。社内の会議室で実施する場合は通常自社でプロジェクターを保有していることが多いですが、自社になければ研修会社に相談しましょう。研修会社がプロジェクターを持ってくることもありますし、レンタルする場合もあります。ただし、講師がプロジェクターを持参することは、ほぼありません。

 

また、貸会議室を借りての研修実施の場合、せっかくプロジェクターとスクリーンをレンタルしたのに、講師は使用しなかったということもあります。もったいないですね、事前に投影用のデータを使用して進めるのかどうか確認しておきましょう。

 

なにか映像を見せるというカリキュラムの場合はスピーカーの準備も必要です。会場に備え付けであれば良いのですが、なければ用意しなければなりません。通常30~40名くらいの研修の場合であればPCのイヤホンジャックにつなぐPC用スピーカーで十分対応できます。その場合、ワット数に気を付けましょう。50名を超えてくる教室の場合、ステレオタイプで5W×5Wだと少し音量が物足りなく、後ろの方まで音を届けようと音量を上げたら、音が割れてしまって何を言っているかわからない…と言うこともあります。準備するなら8W×8Wぐらいは欲しいでしょう。

 

またそのクラスのスピーカーだと電源を取るのが普通です。コンセントが遠く、延長コードもない。スピーカーの電源コードをコンセントに差し込んだら、こんどはスピーカーの位置が演台と遠すぎてスピーカーとPCがつなげられなかった…と言う笑い話しのようなケースも見受けられます。事前に延長コードの準備も必要ですね。

 

マイクとスピーカーは会場に据え付けであるが、PCのイヤホンジャックから取るオーディオコードの設備がなかった…と言う場合もあります。その場合、PCのスピーカーにマイクを押し当てて、PCの小さなスピーカーから出る音をマイクで拾ってスピーカーで出すという方法もあります。しかし、PCの本体についているスピーカーは以外と音が小さいのであくまでこれは緊急用の策です。